人間の睡眠時間は、大体6〜9時間が健康的と言われています。

しかし、あなたの周りにそれ以上でもそれ以下でも、調子が良くないと言う人はいませんか?

「10時間以上寝ないと気分悪いんだよね」
と聞いて怠け者だなぁと思ったり、
「3時間しか寝てないのに元気な人だな〜」
と思ったり。

でもこれはその人の性格の問題だけではないようです。

睡眠時間が6時間以下で十分な人をショートスリーパー、
9時間以上必要な人をロングスリーパーと呼ばれるそうです。
でもこれほど極端な人は少なく、たいていの人は6〜9時間睡眠でバリアブルスリーパーと呼ばれます。

ショートスリーパーで有名な人にはナポレオンやエジソンがいます。
ナポレオンの睡眠時間が3時間だったというのは有名ですね。

ロングスリーパーで有名なアインシュタインは一日10時間以上眠っていたそうです。
バリアブルスリーパーは両方の性質を持っているので、
ストレスの多い生活をしているとロングスリーパーになったり、反対に一時的にショートスリーパーになることがあります。

それでわかるように、脳の疲労度が必要睡眠時間に大きく影響しているようです。
はじめに性格の問題ではないと書きましたが、
「性格の問題だと気づいていない人」も多いかもしれません。
---------------------------------------------------------------------------
ショートスリーパー:ストレスが少ない・・・悩まない、外向的、自信家・・・脳の疲労が少ない
ロングスリーパー:ストレスが多い・・・よく考える、内向的、神経質・・・脳の疲労が多い
---------------------------------------------------------------------------
ただこれは一概には言えないようですが、周りを見てみるとわりと当てはまる人がいたりしませんか?

どうしても睡眠時間を多く取れない人や、たくさん眠っても眠いという人は、 ストレスをためないことが大切です。
そうは言っても、既にストレスを感じている人がストレスをためないようにするのは難しいと思いますが・・・
それならせめて質の良い睡眠を取るようにすることで、ストレス解消に役立ちますよ。

とても疲れている時などは、眠りについた直後にレム睡眠が訪れることがあります。
この時によく、嫌な夢を見たり金縛りにあったりします。

身体の眠りのレム睡眠時に脳だけが目覚めてしまい、
身体は眠ったままの状態になることが、一般的に金縛りと言われるものです。
金縛りはノンレム睡眠とレム睡眠の入れ替わり時、
とくに眠りについた直後や目覚める直後に起こりやすいです。

少しだけ眠ろうと思って仮眠を取った時に金縛りになることが多いのはこのせいです。
仮眠を取って体を休めたつもりでも、じつはとてもストレスがたまってしまっています。
睡眠時間が足りないと、何度も金縛りにあうこともあります。

睡眠麻痺(金縛り)
睡眠麻痺とは、一般的に金縛りと言われているもののことです。

レム睡眠には夢を見ることでわかるように、脳は活動しています。
そしてそのかわりに、体を休めるために身体が動かなくなる現象が起こっています。
その時に何らかの原因で脳だけが目覚めてしまうと、
意識があるのに身体が動かない、金縛り状態になってしまいます。

起こりやすい原因としては、
疲れている時(ストレスなど心的なものも含む)、仮眠、夏の暑い時、大きな音がする中で眠っている時、
明るい中で眠っている時、カフェインを多くとった直後、
など様々です。

予防策としては、
上を向いて眠らないこと(上を向いている時の方が、 幻覚を見た時の恐怖が強く、金縛りを自覚しやすいので)、
身体の上に物を乗せて眠らないこと、カーテンをしっかり閉めること、
テレビやラジオをつけっぱなしにしないこと、二度寝をしないことなどです。

寝言とおねしょ

・寝言
ストレスの多い生活をしていると寝言を言うことがあります。
夢を見ているレム睡眠時に、夢の内容に影響された寝言を言うのが一般的です。
長期にわたるものではなければ、多くの方が普通に体験されていると思います。

でも、身近によく寝言を言う人がいたり、自分がそうであると、単にストレスだけだとは思えない方もいらっしゃると思います。
寝言をよく言う人と言わない人の違いは覚醒中枢にあるそうです。

普通寝言を言うと、声を出した時の筋肉の動きで覚醒中枢が刺激され、目が覚めます。
でも覚醒中枢の働きが弱い人は、目が覚めずにそのまま眠り続けることが多いのだそうです。
その結果、長々と会話のような寝言を言ったり、大きな声で歌を歌ったりなんてこともあり、家族はビックリしてしまいます。

病院で出されるお薬で改善するようですので、ご本人やご家族が眠れずにストレスを感じてしまうほどであれば、
一度受診されるのが良いと思います。

・おねしょ
それと同じで、おしっこをしたくなると目が覚めるものですが、
とくに子供であれば、覚醒中枢の働きが未熟なため、目が覚めずにおねしょをしてしまうことがあります。

おねしょをする子供の9割は遺伝に関係するそうで、
兄弟、親、または親戚におねしょで悩まされていた方がいることもよくあるようです。

他の要因として、膀胱機能の未発達などの可能性もあるようなので、色々重なって起こることなのかもしれません。
まれに心的な問題でおねしょをすることもあるみたいですが、それはごく一部のようです。
子供のおねしょで悩まれてるお母さんは、自分の責任ではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
また、子供の責任でもありません。

私の知り合いで、中学生までおねしょをしていた人がいますが、今はまったく問題なく、普通の大人です。
よく、おねしょをするのは内向的な子供が多いというのも聞きますが、まったく逆の性格です。

ご家族やご本人にとって、病気の心配、それによるストレスなどがなければ、
気にしないことが一番良い解決策ということもあるようです。


落ちる感覚

ジャーキングと言って、深い眠りに入る時に脳が混乱し、間違って筋肉を収縮させる命令を送ってしまい、
体がビクっとなることがあります。
身体の異常ではありませんが、疲れている時や寝苦しい時によく起こるようです。

落ちる夢と連動していることもあるようですが、後から「落ちる夢を見た」と勘違いした、ということもあり得ます。


メールフォーム Copyright (C) 1999-2011 AYACOM?ALLright reserved. 携帯からはこちらから