*お酒*

お風呂あがりや眠る前に、ビールなどを一杯飲んでから眠るという人は多いですね。 これは寝酒(海外ではナイトキャップ)として、昔からよく知られていることです。この場合1〜2杯のことを指しているのだと思います。

確かにアルコールには鎮静効果があり、気持ちが落ち着いて眠れると言うことがあります。しかし次第に1〜2杯では効果が得られなくなり、眠るためには量を増やさざるを得なくなります。
眠るために始めた飲酒習慣は、アルコール依存のきっかけになるかもしれません。

また、アルコールには覚醒効果があるので、多量に取るとかえって夜中に目が覚めてしまうことがあります。

|<-|TOP|

逆転裁判の無料
体験版配信中!


(C)AYACOM 2000-2012